中国らしさが時々見られるのも春秋航空

j4fhb9 春秋航空はどうして安くで提供できるのか?

名前からして中国企業の航空会社と想像することができるのが春秋航空です。それは他にも見られることがあり、正確な日本の企業とは違った少しルーズな場面を見られます。利用するときは注意が必要なこともあります。

広島では霧で欠航をすることが多い

安全面に関係しますので仕方がないことですが、広島空港では顕著として霧で欠航することが多いのも春秋航空の特徴です。しかも他の航空会社が運航しているのに、この航空会社だけ欠航になることもあり、利用者にとっては不可解に感じることもあります。時間に余裕がない人には要注意と言えるでしょう。

サイトが中国語表記になることがある

突然サイトが中国表記になることかがあります。これは国際便である春秋航空だけではなく、スピリングジャパンであっても同様のことが起きますので、その時は予約を中止しなければなりません。特に激安キャンペーンのときに起こると、その時を逃してしまうこともあります。こればかりは運になるとしか言いようがありません。また中国表記になるだけではなく、アクセスできなくなったり、突然重くなることもありますので、念のために知っておきましょう。

旅行客も中国人の利用が多い

国内線はそれほどまでありませんが、国際線になると中国人観光客が多くなります。機内では飲食の持ち込みを原則禁止しているのが春秋航空ですが、おかまいなしに持ち込んでいることも多いです。機内が賑やかになることもありますので、静かに機内で過ごしたい方は注意しておきましょう。

確認してからの利用を

どれも致し方ないことばかりですが、念のために知っておくことで納得できることばかりです。安いのがこの航空会社の魅力ですが、それに伴ういろんな壁があることも知っておきましょう。

関連する記事

You May Also Like..

格安チケットになる春秋航空の乗り心地は?

起ち乗りで詰め込んで輸送をする案を一時期 […]

春秋航空は正真正銘の格安航空会社

既存の大手航空会社を指すフルサービスキャ […]

国際線も国内線にも活用できる春秋空港

航空会社名からその予感をさせられますが、 […]