国際線も国内線にも活用できる春秋空港

j4fhb9 春秋航空はどうして安くで提供できるのか?

航空会社名からその予感をさせられますが、中国発の民営LCCになります。よってもちろん国内線も路線を構えており、上海といった観光都市にアクセスすることが可能です。またそれ以外にも国内線も路線があることから、幅広い使い方をすることができるのは春秋航空です。

上海まで驚きの値段で行ける

現在上海には、茨木、高松、佐賀、米子の路線があります。フルサービスキャリアと比較すれば驚くほどの値段で航空チケットを入手することができ、その時の空席状況にもよりますが、約2万円で乗ることが可能です。しかも空港使用料や燃料サーチャージを合わせての金額になることから驚きの価格であることがわかるでしょう。他のLCCのようにサーチャージが驚くほど高いというカラクリもありません。

国内線の種類

成田が拠点となり、札幌、広島、関西、高松、佐賀と路線があります。運賃制度が3種類あり、それぞれに予約変更や払い戻しなどに違いがありますが、航空チケットが安くなりますので、自身のプランに合わせると効果的な使い方をすることができるでしょう。たとえば変更払い戻し不可であっても、チケットが安くなるプランであれば、それはメリットになります。

どちらもキャンペーンを利用することが可能

春秋航空と言えば、定期的に行っている激安キャンペーンです。しかも国際線と国内線それぞれに行っており、その期間に予約をすることで、他ではけっして真似をすることができない金額で航空チケットを入手することが可能です。

とにかく安く飛行機に乗りたい人へ

路線に限りはありますが、できるだけ安く航空チケットを入手して、目的地まで早く付きたいという合理性を大切にする人には、おすすめできるのが春秋航空になります。特に上海に行きたい人は、無視できない存在です。

関連する記事

You May Also Like..

格安チケットになる春秋航空の乗り心地は?

起ち乗りで詰め込んで輸送をする案を一時期 […]

春秋航空は正真正銘の格安航空会社

既存の大手航空会社を指すフルサービスキャ […]

中国らしさが時々見られるのも春秋航空

名前からして中国企業の航空会社と想像する […]